フラット35Sの金利優遇はいつから?

2014年の閣議決定によって、フラット35Sの金利優遇幅が、これまでの0.
3%から0.
6%に広げられることとなりました。
これによって、フラット35Sの優位性はさらに高まり、利用を希望される方もより多くなっていくことでしょう。
問題はこの0.
6%の優遇措置がいつからなのか、という点なのですが、もうすでに始まっています。
当初10年間において0.
6%の金利引き下げが適用されますので、1.
6%の金利条件のケースであれば1.
0%にまで下がるということです。
これは住宅ローンにおいて非常に大きな数字であり、借入金額にもよりますが、総支払額に100万円以上の差がでてしまうことも決して珍しくはありません。
ただでさえ今はフラット35の金利が低水準だといわれている状況ですので、利用を検討している方にとっては、非常によいタイミングではないでしょうか。
楽天銀行フラット35評判は?審査甘い?【金利・手数料安い!】