入社一年目でのおまとめローンできる?

おまとめローンを利用するときに、入社一年目の新人が利用できるかどうかといったことが時折相談されることがあります。
基本的には、入社一年目でスト、勤続年数もありませんし、年収も少なく、これからその会社で働き続けられるかどうかという面では非常に不安になる要素がありますので、通常よりも審査に通りにくい可能性があります。
ですが、まだ若いという要素を考えますと、これから働き続けてお金を返済できる期間というものも長いものですから、返済できる要素を多分に含んでいるともいえますので、入社一年目でも、その人が持っているその他の要素や銀行の審査条件によっては、入社一年目でもおまとめローンに通る可能性も十分にあるかと思われます。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

何件もの金融業者からお金を借りていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

月々の返済額がキツくなったという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

引用:おまとめローン派遣社員は?審査通らない?【甘いと評判のは銀行は?】