金利が安い銀行のリフォームローンの選び方は?

後悔しないリフォームローンの選び方は金利だけを見てはいけないということです。

期間や上限金額も重要な要素ですし、担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

団信(団体信用生命保険)の加入が可能か否かや手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%かつ無担保ローンというのを提供してくれる会社もあるのです。

リフォームローンは種類が多いのでまずはリフォーム会社に相談してみてはいかがでしょう。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

住宅ローンよりもリフォームローンのほうが金利が高いので一元化することでリフォームに関しても低金利が適用されます但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探し、見積もりなどを取っておく必要があるのです。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHPで試算できます。

検索窓に「リフォーム」「シミュレーション」と言った文言を入力すると該当するサイトがたくさんヒットするので希望の見たいサイトをクリックすればOKです。

返済期間や借入希望額を入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されるためローンを組む前のシミュレーションに最適です。

個人情報を登録せず利用できるので気軽に利用することができます。

返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、便利な機能をありがたく使っていきましょう!リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

しかし、リフォームローンは住宅ローンと比較して借入限度額は住宅ローンの1/10程しかありません。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円になります。

リフォームローンの金利は2から5%と高く返済期間は最長10年から15年と短いので、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

返済に無理のない借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

リフォームローンを探すオススメの方法としてランキングサイトを利用するのが簡単です。

でも、住宅事情は人それぞれで異なるので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まずは、今の住宅で不満点を家族で洗い出し、リフォームに必要な金額を算出し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

中古住宅の購入と同時にリフォームを行いたいと考えている人は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を抑えることができます。

リフォームローンに落ちた人はその原因を分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった問題があった可能性もあります。

例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況も融資には重要な要因となります。

キャッシングの返済など、きちんとクリアにすることが審査に受かる第一歩となります。

リフォームローン金利比較を行う際は比較サイトを利用すると効率が良いです。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や審査時間など条件ごとに並び替えすることも可能です。

サイトによってはバナーが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近はネット銀行が普及してきたので来店不要や全国対応など銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

リフォームを考えている方へ、リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

減税の対象となるリフォーム工事についてですが全てのリフォーム工事で対象になるというわけではなくいくつか条件があります。

耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

減税制度を受けるには自己申告制になっているため確定申告が必要となります。

オリコのリフォームローンをご存知ですか?オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

来店不要でパソコンから申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

ローンの使途として改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電の設置工事などにも利用することが可能です。

申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、Webフォーマットには販売店コードまたはIDを入力しなければならないことがあげられます。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが金利相場はもちろんのこと、借入期間や借入可能額などにも違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型であれば期間は最長で35年、上限金額は1000万円から1億円に跳ね上がります。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

そのほか、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利を比較した場合変動金利の方が低金利となっています。

リフォームローンを利用することで受けることができる控除には所得税を控除することができます。

申告をするとその年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり指定されています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の要件には自身が所有し住むことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローンの金利についてですが金融機関によってそれぞれ異なります。

低い利率では1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

その点、固定金利であれば完済まで金利が変わることのない安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

比較的手軽なリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

土地や建物などの担保が不要ですので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。

その一方で、高金利であることや、短い借入期間、限度額が低さなど担保型に比べた場合、不利な点も結構多いです。

無担型ローンをお勧めする場合は小規模なリフォームといえるでしょう。

持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

リフォームローンの口コミというのは、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

低金利なローンであれば多くの人が希望するのは必然ですので審査が厳しいと言われてます。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちし怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

ですから、口コミに流されてローンを選んでいると自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

金融関係の口コミを参考にする場合は、口コミの件数に固執せずどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満の個人という規定があります。

融資額は50万円以上1 000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

アルヒの貸付利率の適用基準は変動金利型となっていますので、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

アルヒのフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

引用:リフォームローン金利がお得な銀行は?シミュレーション!【返済額は?】